入居審査基準

引越し前の住居探し!入居審査基準

入居審査基準?

希望の部屋に住むためには入居審査が必要となります。
入居審査とはその物件の持ち主、大家さんが「この人になら部屋を貸しても問題ない」と認めた人にだけ許可を出す審査のことで、
これに通らなければ部屋を借りることはできません。
法律上定められている規則ではないので判断基準はまちまち。大家さんによって厳しい場合もあれば、甘い場合もあります。
そして、入居審査をするのは家主だといっても、明らかに身元不明であったり、書類の記載に怪し点や、審査に通らないであろう条件があった場合、
不動産管理会社が大家さんに話が行く前にストップをかけることがあります。
この場合の審査は実質不動産会社ということになります。
大家さんに対してだけでなく不動産会社にも誠実な態度で接しましょう。嘘偽りは厳禁!何か気掛かりな点があれば隠すより相談してみて下さい。

 

入居審査には色々な審査があります。

 

家賃の支払能力

まずは本人に家賃の支払能力があるかどうかを審査されます。一般的に家賃は収入の1/3というのが基本です。
これ以下だと毎月支払っていくのが大変になるのではないでしょうか。
収入が家賃の1/3よりも少ない場合は入居審査に通らない可能性が高くなりますので気を付けて下さい。

 

ただこの場合でも、会社、親などから家賃補助がある場合や、大手企業、公務員など安定した職業の方は審査が通る可能性が出てきますので、
他からの援助があり、収入が少なくても払っていけるという理由があるなら、不動産会社や大家さんに事前に話しておくと良いでしょう。
逆に、収入自体は十分で、家賃の支払能力があると認められた場合でも、怪しい職種、評判の悪い企業、不安定そうな仕事、などの理由から審査を通らないということもあります。

 

職種

家賃の支払能力が認められた場合でも次のような職種の方は審査が通りづらくなっています。
フリーター、派遣社員、水商売、同業者、肉体労働者、大家さん、不動産管理会社が理解できない仕事、これらの職業に当てはまる方は入居できない場合も多いようです。
また、審査基準には職種だけでなく勤務年数も重要視されます。
フリーターでも5年、6年勤めている場合は安定要素とみなされ審査に受かることも。
自分の勤務状況や会社の状況で審査にプラスになることだったら不動産会社や大家さんに積極的にアピールしましょう。

 

多くの場合、実際にその会社に勤めているのかの、電話による「在籍確認」が行われますのでお忘れなく。
大家さんや管理会社によっては勤務態度などを尋ねてくるところもありますので何を聞かれても慌てないようにしましょう。

 

連帯保証人

連帯保証人というのは入居者本人が家賃を滞納したときに代わりに払ってくれる人のことです。ですから保障能力の有無、職業の安定性などが求められます。
中でもとりわけ入居申込者との関係は重視する大家さんが多いようです。関係の薄い間柄だと逃げられたり、踏み倒されてしまう可能性が高いからです。
一般的に次の順で審査が通りやすくなっています。

 

1親
2兄弟姉妹
3祖父母
4その他親戚
5会社の上司
6友人、知人

 

また物件、大家さん、不動産管理会社によっては、「親・兄弟姉妹・祖父母」までしか連帯保証人として認めない場合や、1人の連帯保証人では保障能力が十分
でないと判断された場合は、連帯保証人を2人求められる場合もあります。

 

最近では、保証人代行システムを導入した機関や、クレジットカードで家賃を支払うことを前提に、保証人不要としている物件なども増えてきていますし、
保証費を上乗せする代わりに保証人不要で部屋を貸してくれる物件などもあります。
連帯保証人がどうしてもいないという場合には、不動産会社に相談してそのような物件に絞って探すのも1つの方法ですね。

複数社への引越し見積りは「ズバット」が便利

今までの見積りは、引越し料金の相場を把握したり、各社のサービスを比較するにはかなりの労力が必要でした。HOME'S引越し見積もりでは、入力フォームに引越しの内容をたった1回入力するだけで、複数の引越し業者への見積もり無料で依頼する事ができます。



>>>無料一括見積もりスタート<<<


ホーム RSS購読 サイトマップ